品質管理


品質方針


■基本理念

株式会社オーネストは、顧客満足を実現するため、品質保証体制を確立させ、 高品質・高信頼性のサービスを提供することを基本理念とします。

■基本方針

  • 関連する法令及び社内品質管理規定を遵守し、品質保証活動を向上します。
  • お客様が要求される品質、仕様を確実に満たし、高品質のサービスを提供します。
  • 品質マネジメントシステムを通して、真因の追究とプロセスの改善を継続的に実施します。
  • 全ての社員がこの基本方針に従い、品質保証活動を行います。

■教育方針

  • 開発部門に関連する全社員に対して、定期的に品質保証教育を実施します。
  • 新人研修において、品質を意識した開発工程の教育を実施します。

オーネストの開発プロセス


株式会社オーネストでは常に品質向上・生産性向上に取り組んでいます。
社内第三者(品質管理室)による品質保証レビューの実施し、CMMIやISO9001といった 国際的な品質評価基準を参考にした弊社独自の開発プロセスを構築しています。 弊社単独での開発業務を遂行する場合は、製品設計から開発・テストに至る全行程に おいて本プロセスを適応し、ソフトウェアの開発を行っております。



  1. 開発計画時(開発計画書)、品質管理室と開発PJにてレビューを実施する。
    品質管理室は計画の正常性の確認・プロセスの適用を要求する。
  2. 各工程の移行判定会にて、品質管理室は、プロセスの適用状況の確認、品質基準・生産性基準の
    確認を行い、必要であれば是正を行う。
  3. 開発完了時(開発完了報告書)、品質管理室と開発PJにてレビューを実施する。
    プロセスの問題点・改善点を議論し、プロセス改善案を見つけ出す。
  4. 品質管理室はプロセスの改善を行い、全開発PJに最新のプロセスの適用を実施する。